RUSSETY FACTORY見学

[山ナ鞄]のアイテムに使用している、
RUSSETY LEATHER 山口産業さんの、
工場見学が再開されたとの事で、
さっそくお邪魔してきました。

以前伺った工場横の事務所は、
リノベーションで素敵な空間に^^
いろんな動きがストップしていたコロナ渦ですが、
だからこそ新しい動きも、できたのかもしれません。

工場を見学する前に、そのリノベーションした2階の空間で、
『獣革の知識や活用法』の講座にも参加しました。

受講者は私と、獣害と革について研究している学生の方と猟師の方の、三人。


山口産業さんは、私が使用している
国産豚革のみならず、

やさしい革の約束の一つ、
MATAGI PROJECT にて、
獣害対策で廃棄されてしまう
鹿や猪などの皮を扱っていて
それにも興味があって、参加した次第。


講座を受ける前は、
最近はジビエ肉も浸透してきているし、
革の活用も進んでいるのでは?
と思っていたのですが

いやいや、いやいやいや、
聞けば聞くほど、なかなか
うまいこといかんもんですなあ。

食肉やペットフード利用は、
場所や地域にもよるだろうけど、
捕獲量の1割いくかどうかで、
さらに革の利用は、更に少ないとの事。

もともと、農作物への被害対策なので
食肉や革への利用を念頭にした
捕獲の文化が、日本になかったそうで

一緒に参加した猟師の方は、
古い日本文化の中で、
目上の方に失礼の無いように
改善できる方法を探る大変さを
話してくれました。

でも、今の社会にあった
新しいシステムを、
いろんな立場の方が、
少しずつ構築していると
知る事が出来てよかった。

私は、革をアイテムにする立場なので、
「素材を選ぶ」そして、「素材の良さを
伝える」という責任があるのだな。

素材を活かす責任もしかり。

獣革でのアイテムも、展開したく
いろいろと勉強の日々です。

講座の後に、
工場をぐるりと見学。

鞣す豚革は
いつも、届いて開封するたびに
良い匂いがするのだけど、
工場内は、まさにその匂いがして
びっくりしました。

たぶん、これがRUSSETY の
渋の匂いなんだろうなあ。

工場2階では、クラストという状態の
豚革が干されていました。

クラストとは、色や仕上げ加工をしていない状態のもので
『天然物たい焼き』では、この革を使用しています。

見学の後、さっそく何枚か
革を購入しました。

ベージュと緑とクラスト。

ベージュは、玄米おにぎり。
緑は、桜餅や柏餅の葉っぱ。

クラストでは、たい焼きのほかに
どら焼きや大判焼きも予定している。

もう少し手を動かして、
秋には販売開始できるかな?

本当に作りたいものは
時間がかかりますね、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。