本革アイテム、試作中

桜餅ポーチ/1stサンプル

前回、仕込みをした分の本革アイテムが完売いたしました!
お求めくださり、そしてご愛用下さり誠にありがとうございます。

一部のパーツを手染めで作った子たちは
拙くはあれど、とても愛着のある作品で、大切。
これからも、改良し
定番として作り続けていけたらと、
思っています^^

新作や定番の改良のため、本革アイテムの制作は
一旦お休みいたします。乞うご期待!!!

*布物は、変わらず制作中です^^*

現在、次なる革を仕入れるために
以前から使用している「やさしい革」はもちろん、
白く柔らかい国産豚革を求めて、
墨田のタンナーさんに相談したりしています。



おにぎりや桜餅など、
私のアイテムに必須の、白とピンク。

前回はタンニン革の上に、
顔料を混ぜた塗料を
白粉のようにポンポンと手染めして

作品として、これは納得している。

ただ、定番の商品として
安定して作っていける様な、
堅牢度や耐光、摩擦などの
データを出ているわけではないので

手染めの作品は
イベント時に数量限定で。

webshopやデパートでは、
タンナーさんから仕入れた色革を使用。

という形で、今後は
展開していこうと思います。


白とピンク
実は、この明るい色の革を
作ったり染めたりは、
相当難しいそうで、、、

皮を革にするナメしの方法は、主に
「タンニンなめし」と「クロムなめし」
の2種類ですが、基本、

タンニン → 地色が淡い黄色
クロム → 地色が淡いブルー

黄色やブルーの上に、いくら
色を重ねても白にはならず、、
タンナーさんそれぞれ、独自の
技法で、白い革の開発に苦戦している。

皮の個体差、部位の差、気温、湿度、
環境や人体への配慮など、
想像するだけで、無限ループになる
難しさで、本当、尊敬します。
本当、すごい。



尊敬と感謝を込めつつ、
中村貿易さんで
購入したピッグスエード ↓

ノンクロムの革に染めた、
パステルスエードです。

早速、手持ちの革と合わせて
桜餅ポーチを試作してみました
(冒頭の画像のもの)

スエードは初めて使いましたが
色や手触りが、ほっこりしている。
中村貿易さんは、色数が豊富なので
ここ数年、頭の中にある
「練り切りポーチ」
が作れるやもしれん?!

練り切りって、大きくなると
可愛いのか?という
疑問が出てくるが
でも、逆に大きい事で
ちょっとグロくなって
面白いかもと期待してみたり、

レザーフェアでぐいぐい相談した
タンナーさん(ご迷惑かけてたらどうしよう、、ていうか100%ご好意で受けてくださった。すみません。。)にお願いした白い革も今週受け取りに伺うし、

天然物の鯛焼きを焼いた
「やさしい革」の
タンニン生地で、
回転焼きと、せんべいも
作る予定なのですよ。

「やさしい革」のこげ茶と
ピッグスエードで、
栗饅頭のポーチも作りたいし、

やりたい事が大渋滞している。
楽しみにしていていただけたら、
幸いです!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。